持続するのか短期間だけなのか

生活の乱れと言っても、いろんなパターンがあります。

大きく分ければ、ある程度長期間持続するのか、それとも短期間だけ生じるのか、その2つのパターンがあるのです。
前者の場合、数ヶ月以上継続して生活が乱れるようになったり、1年間の大半で何らかの乱れが生じたりするのです。

ただ、長期間タイプの場合は、そこまで大きな乱れとなることは少なく、生活に大きな支障をきたさないケースもあります。
一方で後者の場合、1年間のうち生活の乱れが生じるのは1~2ヶ月程度で、その期間もかなり短い傾向にあります。

その代わり、短期間タイプの場合は、かなり大きな乱れになってしまうことも多く、普段朝早く起きている人が昼過ぎまで眠ってしまうなど、その期間は生活に支障をきたしてしまう場合が多いのです。
薬などで症状を抑える方法もあるのですが、それによって副作用が生じてしまったり、別の問題が発生してしまう可能性もあります。

したがて、薬を使用した方がいいかは一概には言えませんし、その人の症状のタイプによっても異なってくるのです。